事業内容

当社の事業内容についてご紹介します。

  • 保険診療の
    PD-L1染色・評価を受託しております。

    近年、さまざまな分子標的治療薬の臨床応用が進み、そのなかでも免疫チェックポイント阻害薬による治療が注目されています。この免疫チェックポイント阻害薬の使用に際しては、コンパニオン診断薬等による事前の検査・解析が求められており、保険診療として実施されています。

  • 免疫染色を用いて研究しませんか?

    病院、大学、企業等の研究者様から、免疫染色に特に力を入れて受託をしております。また、病理医による免疫染色の評価・解析(スコアリング)、HE染色標本での病理組織評価等も行っております。
  • バーチャルスライドを導入し
    クラウドにデータベースを作りませんか?

    ご依頼主様の施設で作製された染色スライドを専用のスキャナでスキャンし、バーチャルスライドを作製します。ネット回線を通じて画像データを共有すれば、スライドガラスを送る手間なく、時間や場所を問わず他者と組織像を共有し、ディスカッションを容易に行うことができます。
  • デジタルパソロジーを導入したいけど、
    どうすればいいの?

    弊社は、貴施設に最適なスキャナや環境を推薦し、スキャナの導入、病診連携にて遠隔診断する環境構築をお手伝いし、種々のレベルおよび専門性を有する病理の先生方をご紹介することも行っております。
  • 病理AIを導入しませんか?
    AI教育のためのアノテーションも提供

    お客様の組織スライドあるいはバーチャルスライドをお預かりし、がん細胞数のカウントを行っております。
  • 「QC array」で免疫染色の
    精度管理しませんか?

    現在、病理組織診断において免疫染色は、病理診断や治療方法を決定する要因となり、染色の精度管理は患者の人生を左右する重要なものとなります。しかし現実的には、全てのガラススライドに陽性コントロールを載せ、染色することは困難な施設・病院が多いのではと思い、日常診療で使用される100種類程度の抗体試薬をカバーする陽性コントロールの組織アレイ「QC array」を作製いたしました。

九州ニュービジネス大賞にて九州アントレプレナー大賞を受賞しました!

九州各地の大手企業が協賛する、九州ニュービジネス協議会においてベンチャー企業向けのビジネスコンテストが行われました。当社、株式会社 N Labは当ビジネスコンテストにおいて「九州アントレプレナー大賞」を受賞いたしました。九州を代表する企業の方が集まる中、ビジネスプランをプレゼンさせていただき、たくさんの方からお声をかけていただきました。またこの対象受賞は、長崎初!だそうです。
『九州アントレプレナー大賞』を受賞いたしました!

お問い合わせ

N Labに関するご質問・お問い合わせは、 以下よりご連絡ください。

TEL : 095-801-0225

(月~金 9:00~17:00)
PAGE TOP